2007年04月13日

調理器具で節約?

本日は、不思議な調理器具のお話です。

その前に・・・・
大き目のポットで大きめの鍋である程度お湯を沸かして、一度沸かしたお湯を温め返すのが一番です。ガス代と時間の節約につながります。

しかし、鍋でも節約可能です。
用意するのは、大きめの鍋と、小さめの鍋だと、大きめの鍋です。

そこで・・・大きめの鍋のほうがガス代がかからないので1リットルのお湯を沸かすとします。
大きい鍋で沸かすと、沸騰するまでの時間は短くなり、小さい鍋よりもガス代がかからないのです。
ご存知でしたか?

お鍋の火が当たる底の面積が大きくなれば、熱効率があがります。小さな鍋はガス代だけでなく、時間もムダということになる。小量のコーヒーを飲むときなど小さなヤカンで沸かした方がロスがなさそうな感じがしますが、逆に大きなヤカンのほうがよいので覚えておいてください。
また、早くお湯を沸かしたいときは、一見強火でヤカンに火にかけたほうが早く沸くように感じますが、これも間違いです。火力が強ければ確かにお湯は早く沸きますが、ヤカンの火が底より大きく出てしまっていると、それだけガスを浪費していることになります。効率がいいヤカンの使い方は、中火にするのが良いです。弱火でゆっくりやるとガス代の節約になりそうですが、温まるのが遅く、一番ガス台のロスになります。
posted by jyunzou at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

野菜クズでコンソメスープ

おいしいコンソメスープ作り法です。

シチューやカレーや肉じゃがを作ると、ジャガイモやにんじんなどの野菜の皮が出ます。この皮を捨てないで節約に役立ててみましょう。
そのまま野菜の皮を取っておいてコンソメスープにしたり、細く切ってフライパンで炒めてきんっぴらなどにしてみてもいいですね。思いの他のおいしさに驚くはずです。

普段は捨ててしまっている、野菜クズでコンソメスープを作り節約をしてみましょう。

コンソメスープにした場合は、冷まして小分けにし、冷凍保存しておけばコンソメスープとして使えます。
シチューやカレーや肉じゃがに使うたまねぎやジャガイモの保存方法について考えてみましょう。たまねぎは湿気を苦手とします。日が当たらない風通しがいいところに保存します。洗濯ネットに入れて保存すると、皮が散らからなくていいです。

ジャガイモは、放っておくと芽が出てしまいます。芽の部分には毒があり、取らなくては食べれません。芽を出さないコツです。リンゴをひとつ入れてあげることにより解消されます。リンゴから出るエチレンガスがジャガイモの発芽を妨げてくれます。冷暗所に新聞紙などにくるんでおけば1〜2ヶ月保存がききます。
posted by jyunzou at 17:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

まさに節約、飲み残しビールの活用

揚げ物に使った油はまた使うことが出来ます。一度揚げ物に使った油は、数回使ってから固めて擦るのが一般的です。

コレは別に節約でもなんでもなく、当たり前に日常行われていることです。揚げ物をすると油はにごり酸化します。
そのまま使うと前のから揚げのにおいや、てんぷらのにおいが付いています。そのままの上体で使うよりも、3分の1程度新しい油と混ぜることにより、再利用が可能なレベルまでになります。継ぎ足し継ぎ足し行っていくと実は、10回ほど使えてしまうのです。経済的ですね。まさに節約です。

できれば揚げ物を使い終わったら、「ショウガ」を皮ごとスライスしたものを入れてあげて、箸で拡販してあげます。そうすることにより、から揚げのにおいや、てんぷらのにおいも取れて、次の揚げ物にニオイが移らないからいいですよ。実践してみてください。

炭酸飲料や、ビールをあけてのみ残してしまうことがあります。
もったいない捨てないでください。炭酸飲料や、ビールは口をラップして冷蔵庫で保存すれば復活します。保存の仕方、ココが重要です。口をラップした容器をこぼれないように逆さにすれば炭酸は抜けません。また、ビールが気が抜けてしまった場合には、飲み残しのビールを掃除に使います。思いのほかきれいになりますよ。
posted by jyunzou at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

スーパーの安売り

スーパーの安売りの干物は、まとめ買いで保存するといいですよ。

料理のバリエーションが多ければ言いですが、安いからといって魚は大量に買い込むと、使いきらないうちに捨てるようになってしまうことがあります。せっかくの安売りで節約を試みても無駄にしてしまっては意味がありませんよね。

干物なら安売りのときに買っておいて保存したほうがお得ですね。鮮魚と違っていく分日持ちもします。干物は時間を置くと魚の脂が酸化して昧が落ちてしまいますが、一枚一枚をラップにくるんだりスパーのロール袋に入れて冷凍保存しておけば、使いたいときに使えます。

小分けにしてあることにより、早く解けるし使う分だけ取り出せます。また、安かった鮮魚を食べきらない場合は、チルド室を利用して自家製の干物を作ってしまいましょう。ザルなどに広げた背開きにした魚を濃い目の食塩水に浸し、ラップをしないでそのまま冷風乾燥です。一晩たつと一夜干しが出来上がります。

また、干物を作る際には、専用のネットがあります。天日干しで作ることによりビタミンが多くなります。うまみ成分のアミノ酸も増して、おいしく出来上がります。干物は昔の人の知恵で保存食です。ご家庭で作るのも節約の一つです。チャレンジしてみてはいかがでしょう。
posted by jyunzou at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。