2007年02月20日

スーパーの安売り

スーパーの安売りの干物は、まとめ買いで保存するといいですよ。

料理のバリエーションが多ければ言いですが、安いからといって魚は大量に買い込むと、使いきらないうちに捨てるようになってしまうことがあります。せっかくの安売りで節約を試みても無駄にしてしまっては意味がありませんよね。

干物なら安売りのときに買っておいて保存したほうがお得ですね。鮮魚と違っていく分日持ちもします。干物は時間を置くと魚の脂が酸化して昧が落ちてしまいますが、一枚一枚をラップにくるんだりスパーのロール袋に入れて冷凍保存しておけば、使いたいときに使えます。

小分けにしてあることにより、早く解けるし使う分だけ取り出せます。また、安かった鮮魚を食べきらない場合は、チルド室を利用して自家製の干物を作ってしまいましょう。ザルなどに広げた背開きにした魚を濃い目の食塩水に浸し、ラップをしないでそのまま冷風乾燥です。一晩たつと一夜干しが出来上がります。

また、干物を作る際には、専用のネットがあります。天日干しで作ることによりビタミンが多くなります。うまみ成分のアミノ酸も増して、おいしく出来上がります。干物は昔の人の知恵で保存食です。ご家庭で作るのも節約の一つです。チャレンジしてみてはいかがでしょう。
posted by jyunzou at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。